消費者金融で利用する個人情報

消費者金融では審査の申し込みを行うときに必要な書類があります。まず、審査で必ず利用するのが本人確認書類です。これは公的に身分を証明できるものであれば、なんでもかまいません。保険証や免許証が一般的に利用されるそうです。二十歳以上の学生であれば、学生証でも大丈夫です。


消費者金融で開示に同意を求められる信用情報

消費者金融に自分が直接、提示するものではありませんが、信用情報の開示に同意する必要があります。これは過去のお金の履歴のようなものです。金融機関と関係のない第三者機関が個人情報として管理しているもので、お金を借りた、クレジットカードの決済をした、返済した、返済を踏み倒している、などの記録を過去5年間にわたってさかのぼることができます。自己破産などは10年間保存されますが、基本的な情報は過去5年間と決まっているそうです。


携帯の支払いなども滞納しないで

消費者金融で審査に落ちてしまう人で、現在増えている原因に信用情報が傷ついているものがあるそうです。これは携帯の利用料金の滞納などが多いそうなのですが、携帯電話の利用料金というのは、機種の値段を分割して支払ってもいるのです。このような事故が半年や3ヶ月以内にあると審査に通らなくなってしまう可能性があがるそうです。気を付けましょう。

This entry was posted in 消費者金融. Bookmark the permalink.

Comments are closed.