なぜ銀行が消費者金融業界に参入したの?

無担保保証人不要用途不問、そしてスピーディーという融資方法は、消費者金融の専売特許でした。しかし近頃ではこの分野において銀行も積極的に乗り出しています。なぜそのように参入するようになったのでしょうか。


<銀行の貸付先>

銀行は企業に対して貸付を行ったり、担保をとるということが主な融資に関する業務でした。それだけ安全性の高い融資を行なっていたのですが、時代と共に「企業が必ずしも安全な貸付先ではなくなった」「急激に担保が値落ちする」という経験を経て、利益が見込める個人向け融資にも着手すべきであるということになってきたのです。


<消費者金融との提携>

しかしそれまで金融業界は住み分けがはっきりしていましたので、信用情報網も違えば審査や回収のノウハウも全く違います。銀行は個人向け融資についてのノウハウが全くなかったのです。一方で消費者金融業界は大きな保険会社という投資元をなくし、また貸金業法の改正によって窮地に立たされていました。銀行と消費者金融との提携は、まさにお互いにとって望むべきものだったのです。銀行は提携によって個人向け融資のノウハウを手に入れ、消費者金融は社会的イメージと潤沢な資金を得ることに成功しています。

This entry was posted in 消費者金融. Bookmark the permalink.

Comments are closed.